看護師と休暇

派遣の看護師として働く人はかなり増えてきていると言われています。 産休で休んでいる看護師の代わりを求めるところや 一時的に忙しくなった医療機関などたくさんありますね。 短期的に働いてくれる看護師は、正職員でなくともかなり重宝されているのが現実なのでチェックしてみて下さいね。 看護師として働きたいけれど、昔のように病棟看護師として日勤、夜勤をこなして働くのは無理という方もいらっしゃるかもしれません。でも看護師としての知識・経験を活かして仕事はしたいという気持ちもあるでしょう。 ブランクあけの復職、病院看護師として復帰するのはちょっと不安・・・でも働きたいとの気持ちもありますよね。 など、そうお考えの看護師の方も多いのではないでしょうか。 そうした場合の職場として検討する方も多いのが、介護施設のお仕事が注目されるところです。 急性期病院などですと、忙しいのが基本ですからついていくのが不安であっても大丈夫です。介護施設での看護師業務はわりとゆったりしている事が多いので要注意です。もちろん、施設での数少ない看護スタッフとしての責任はありますがそれよりも大事です。 常勤として働くのは福利厚生が充実しているというメリットがあったりしますよね。また 派遣の看護師の場合にはそれとはまた違ったメリットがあるのが特徴だと言われています。 例えば自分のペースで働けますので長期休暇なども取れるのは嬉しいですね。 常勤の看護師の場合にはなかなか長期休暇は取れないのですが仕方ないですね。